ウィリアムヒル基本的な賭け方 マルチベットの追加説明! - サボリーマン松ちゃんのオンラインカジノ日記(ブログ♪)スポーツベッティング攻略中!

サボリーマン松ちゃんのオンラインカジノ日記(ブログ♪)スポーツベッティング攻略中! ホーム  »  スポンサー広告 »  ウィリアムヒルの賭け方説明 »  ウィリアムヒル基本的な賭け方 マルチベットの追加説明!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウィリアムヒル基本的な賭け方 マルチベットの追加説明!

先日ウィリアムヒルの基本的な賭け方である、マルチベットの賭け方の説明をしました。
その時の説明でも十分遊ぶことはできますが、今回する説明を知っていればもっと楽しく
賭けることができますよ!

マルチベットとは2試合以上を選んでその結果について賭ける方法です。
例えばAvsB、CvsD、このような試合があったとします
予想はAが勝つとCが勝つに賭けます。

シングルベットだと、AでもCでも両方でも勝てば配当が貰えます。
マルチベットでは、予想したAとC両方勝たないと配当は貰えません。


じゃあ両方勝っても配当が貰えるならシングルベットでも構わないのでは?と考える人も
いると思います。確かにこの説明ではそう見えても仕方ないですね。
しかし、マルチベットで当たった場合倍率が違ってくるのです。

2つ当てなければいけないのですから、当然といえばとうぜんですよね。
倍率の計算方法はシングルベットの倍率を掛ければいいので、自分でも計算できちゃいます。

例えば先ほどの予想の、AとCが両方勝った時の倍率を計算してみましょう。
簡単に計算しやすいように小数点以下は無いものとします。

Aが勝つときのシングルベットの倍率 2倍
Cが勝つときのシングルベットの倍率 3倍

計算するまでもないですが、2×3=6 で当たれば6倍の配当が貰えることになります。
2試合だとそれほど掛ける効果が低い感じがしますけど、試合数を増やせば増やすほど
掛ける効果もあがってきます!

3試合では 2×3×2=12
4試合では 2×3×2×2=24
・・・・・
・・・・・
こんな感じ。でも当てるのも難しくはなりますけどね。

ウィリアムヒルのマルチベット方法はこんな感じで賭けるのですが、面白い点もまだあります!
なんとですね、組み合わせは自由自在なんです。
サッカーでも野球でもテニスでも、自分が好きな試合を対象にして組み合わせ賭けることが
できます。どうです?面白いでしょう。

totoの場合決められた試合数を予想して当てるか、機械で自動で選ばれたものを当てるかを
します。でも試合数が多すぎてよっぽど当たる確率は低いです。
(まあ当たったら大きいですけど)
でもウィリアムヒルのマルチベットだったら、自分の好きな試合数を選べます。

2試合でもいいですし、20試合でもいいんです。

では、マルチベットの時どうやって賭けたらいいのかを説明します。

まず賭けたい試合の賭けたい場所をクリックすると、青く反転されますよね。
これを2か所選びます。
右の方にシングルベットの欄と、その下にダブルスと表示されます。
それがマルチベットで賭ける時の入力欄になります。

気を付けて欲しいのは、2試合3試合と増えていくと表示もちょっと変わってきます
2試合の時は・・・ダブルス
3試合に時は・・・3倍
4試合の時は・・・Accumulator
5試合以上で・・・計算機

なんだかよく分らないかもしれないですが、表示されてる横に1ベットとなっているので
それを見て確認してください。

ウィリアムヒルの解説サイトをつくりました!よかったら参考にしてみてくださいね

コメント
非公開コメント

トラックバック

http://union1331.blog46.fc2.com/tb.php/142-91b75188

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。